1. HOME
  2. ブログ
  3. 振袖ブログ
  4. 辻が花の振袖って何?
辻が花振袖

辻が花の振袖って何?

目次
つじはなとは?
 つじはなの歴史
 技術
 ・しぼ
 ・
 ・はく
 ・刺繍ししゅう
つじはな振袖ふりそでについて
 魅力
 価格
つじ花振袖はなふりそでにオススメなおび
 おびの色
 おびの柄
丸亀店で現在取り扱い中のつじ花振袖はなふりそで
 紫×ブルー
 濃紫こきむらさき
 紺×黒
 赤×紫
つじ花振袖はなふりそでを着てみませんか?
 

つじはなとは?

辻が花振袖の模様

つじはなとは、しぼめを中心とし、はく刺繍ししゅうなどを用いた技法が定義とされています。振袖でも大変人気ですが、振袖に限らず、フォーマルなシーンで着用される訪問着ほうもんぎでもつじはなは人気です。

辻が花振袖のコーディネートも解説▶

振袖ふりそでコレクションはコチラ▶

ご来店の際はネット予約をご利用ください▶

つじはなの歴史

室町時代末期から江戸時代初期にかけて流行したつじはな

そのつじはなという名称やその由来、どの様な物なのか、資料などが大変少なく正確に分かっていないという事が現状の様です。

現在で“しぼり”と聞けば“高級”なイメージを抱く方が多いと思いますが、その当時は、庶民の間で衣服の文様染もようぞめが流行していた事が切っ掛けになったそう。

次第に衣服の簡略化の影響などもあり、上層階級へも文様染もようぞめが広がります。

庶民の衣服であった小袖こそで文様もようを付ける為のしぼめ。それに加えて、はく刺繍ししゅうなどの技法を交え、次第に華やかに、素朴な物から高級な物まで各階層の人が着ていたとされいます。

その後はのりを用いて防染ぼうせんする友禅染ゆうぜんぞめの技術が発達し、つじはなは消滅してしまいます。

この事が切っ掛けとなり、つじはなは“まぼろしめ”とも呼ばれています。

300年以上経って職人等の手によってつじはなは復刻を果たしたという事で本当につじはなの歴史は奥深さと解明されていない奥深さを感じます。

技法

つじはなしぼめを基調きちょうとしています。

しぼ

型通かたどおりに一定の針目はりめで細かくい、その糸をめる事で防染ぼうせんするしぼり、

模様もようを作る部分にしんを入れて竹皮たけかわなどでおおい糸で巻き付ける帽子絞ぼうししぼり、

大きながらめる時にはおけの外側にめる部分、内側にめない部分を入れふたで圧力をかけおけごと染色せんしょくする桶絞おけしぼり、

このような技法を交えて作られています。

しぼりだけでは表現できない文様もようすみで描きます。

はく

金箔きんぱく銀箔ぎんぱくのりで布に定着させる技法です。 

刺繍ししゅう

布地ぬのじ色糸いろいと模様もようを描く技法です。

つじ花振袖はなふりそでについて

辻が花振袖

魅力

様々な技法が取り入れられたつじはなは正に幻想的です。それはどの世代の方も魅了する世界観で、振袖においても振袖を着られるご本人様から、ご家族の皆様までお気に召されるケースが最も多い様にも日々感じます。もちろん、フォーマルなシーンで着用する訪問着ほうもんぎにおいてもつじはなは人気ではありますが、振袖の場合は二十歳の晴れの日に着る華やかなものですからがらの量も当然違ってきます。つじ花振袖はなだからこそ味わえる贅沢で幻想的な振袖は、選ばれた多くのお客様から大変ご好評いただいております。

価格

商品により様々ですが、ご購入プランで50万円~60万円前後の物が多いです。

初めにご紹介した通り、つじはなの歴史は大変古く、そして今日も世代問わず愛されてきていますので、流行の心配などもございません。次の世代にも受け継ぐ事が出来れば素敵ですね。

辻が花振袖のコーディネートも解説▶

つじ花振袖はなふりそでにオススメなおび

辻が花振袖のコーディネート
辻が花振袖に合う帯と小物

おびの色

これはつじはなに限らず振袖への合わせ方としてですが、以前は反対色や目立つ色味の帯や小物を合わせる事で華やかさを演出する事が主流となっていましたが、今は同系色も人気です。

特に小柄な方はお身長がスッと髙く見える同系色や振袖に馴染む色味の帯がオススメです。

同系色や馴染む色味はお身長の高い方にもお似合いになりますが、主張のある色味を合わせても豪華さを演出する事が出来ます。

この合わせ方はお身長だけに限らず、その方の持たれた雰囲気によって変わりますので当店では試着の際に色々な系統の帯を合わさせていただいております。

おびの柄

つじはな振袖は細かながらがたくさん入ったデザインの物が多いです。

ですので帯はシンプルなデザインの物であったり、小花こばななど細かながらではなく大柄おおがらなデザイン、がらの主張が控えめであったり、七宝柄しっぽうがら(円形えんけい四方しほうに重ねたデザイン)など花柄ではない物などを合わせると相性が良いです。

丸亀店で現在取り扱い中のつじ花振袖はなふりそで

さて、つじはな振袖についてご紹介致しましたが、ここからは今現在、きものサロン桂丸亀店で取り扱い中のつじはな振袖を一部ご紹介致します。

紫×ブルー

紫色の辻が花振袖

少し鮮やかな紫にすそそでにはブルーでスッキリとしたデザインでありながら、淡いピンク、黄色、ブルーやグリーンなど様々な色味と一つ一つの柄に濃淡のうたんがあり、可愛らしく幻想的です。

濃紫こきむらさき

濃紫色の辻が花振袖

写真なので色味が伝わりづらいですが、濃紫こきむらさきのような黒みがかった地色じいろ(生地の色)は振袖としては珍しい色で、高貴な雰囲気があります。柄には小花こばなかえでなど可愛らしいデザインですが、たば熨斗のしがらが凛としたイメージをもたらしています。また、そのたば熨斗のしの中には有職文様ゆうそくもんよう(平安時代以降の公家社会で装束しょうぞく調度品ちょうどひん、建築などに用いられた文様もんよう)である花菱はなびしがらが入っており、格調かくちょう高く優美な一枚です。

紺×黒

紺色の辻が花振袖

地色じいろ(生地の色)は紺地をベースにすそに黒が入った大人しい印象ですが、描かれた花々は可愛らしいですね。こちらも熨斗模様のしもようが入っています。熨斗のしの中には、しぼりであったり、縁起えんぎの良いがらである吉祥文様きっしょうもんようの一つ、六角形の形をした“亀甲きっこう”の中に先ほどご紹介した花菱はなびしが入った亀甲花菱きっこうはなびし文様もんようが入っています。はくも豪華に、全体的に流れるような美しさがあります。

赤×紫

赤色の辻が花振袖

振袖=赤 のイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。濃い赤にすそには紫や黒などが入り大人っぽさもあり、桜や梅などのデザインが可愛らしさもあります。こちらにも花菱はなびしが入っています。こちらは円形えんけい四方しほうに繋がる七宝しっぽう花菱はなびしです。しぼりで型取られた花びらの中にはまんじの文字を変形させ連ねた紗綾形さやがたの模様が入っており、一つ一つの細かな技術が感じられる一枚です。

つじはな振袖を着てみませんか?

今回はつじはな振袖についてご紹介致しました。つじはな振袖の全体像を見た時、幻想的な色使いや立体感に美しいと感じる方は大変多いです。そして一つ一つの模様見てみると更にこのつじはな振袖の魅力を感じられるのではないかと思います。古典柄こてんがら振袖をお考えの方は是非このつじが花振袖を実際に見てみてくださいませ!

きものサロン桂本店、丸亀店でもお取り扱いしております。

ご興味のある方は是非お気軽にお問い合わせください▶

振袖ふりそでコレクションはコチラ▶

ご来店の際はネット予約をご利用ください▶

きものサロン桂丸亀店外観の写真

「きれいだね のお手伝い」
地元に根差した振袖呉服専門店

高松市・三木町・さぬき市・東かがわ市・綾川町・坂出市・丸亀市
宇多津町・まんのう町・琴平町・善通寺市・多度津町・三豊市・観音寺市
小豆島町・土庄町・直島町
香川県内全域を中心に

ママ振袖のクリーニング、シミ抜き、サイズ直しから、
振袖選びの、前撮り、ロケ撮影、パールトーン加工済みの振袖アフターフォロー
振袖、呉服、全てのお手伝いをさせていただいております。

きものサロン桂 丸亀店

〒763-0055

丸亀市新田町150ゆめタウン2F

TEL 0877-58-2255

営業時間 10:00~19:00

桂本店 貴迎館

〒760-0079

高松市松縄町1067-19

TEL 087-869-2255

営業時間 10:00~19:00

関連記事